Top Page    Login  
コンピューターで学ぶ日本語

マルチメディアで学ぶ
日本の文化
聴解:日本の生活
  「私の年中行事」
聴解:日本の生活
  「僕たちの日常生活」
学習の要点
操作の要点

 

 
日本語CALL教材概要
Page in English 日本語CALL教材概要
 
 ■日本語学習者を支援します
1. インターネットを使って日本語をインターアクティブに勉強できる学習ソフトを提供します.
  (1) 聴解:日本の生活 「私の年中行事」 14コース・42スキット
(日本語・韓国語・中国語・英語)
  (2) 聴解:日本の生活 「僕たちの日常生活」 5コース・15スキット
(日本語・韓国語・中国語)
2. 日本語学習を目的として私たちが作ったビデオ教材を提供します.
  アパートに住む」「ボディランゲージ」などがあります.
3. 日本語学習を目的として私たちが作った写真やイラストの素材を提供します.
  動詞の絵カード」「和食を料理する」などがあります.
 
 ■日本語教師を支援します
 
★★★科研の研究終了(2010年3月)に伴い,教師支援は行っていません.★★★
★★★研究期間中に行った教師支援の内容を,参考までに掲載します。★★★
 
1. クラス・授業で「私の年中行事」や「僕たちの日常生活」を利用する教師に,
  (1) ビデオや台本などの素材を提供します.ダウンロード(入手)することもできます.
  (2) 期末試験などの問題を提供します.
  (3) 受講生の指導のために学習データを整理します.
2. 電子掲示板やテレビ会議システムを提供します.
  意見の交換や気軽な話題を通しての交流に使えます.
 
 ■パソコン環境
 この教材を利用する人のパソコンに以下の環境が必要です.
OS Windows 2000/XP/Vista
画面 1024×768 以上
通信回線 ADSLなどブロードバンド回線(1.5Mbps以上)
ブラウザ Microsoft Internet Explorer 6.0 以上
ブラウザの設定 ActiveX JavaScript Cookie が有効であること
必要なプラグイン
Adobe Flash Player       Flash Player のダウンロード
 ビデオの会話などを聞く時には,必要に応じてスピーカーまたはヘッドセットをご用意ください.

利用者登録を行なう時には、Internet Explorerのエンコードが自動選択になっていることをご確認ください.
 
※ 確認方法
 
 画面内でマウス右クリック → エンコード → 自動選択
 
 (チェックされてない場合、チェックを入れてください.)
 
 ■このサイトについて
1. このサイト「コンピューターで学ぶ日本語」は,平成19年度〜平成21年度 科学研究費補助金,基盤研究(B)(研究題目:コンピュータ利用日本語教育におけるコンテンツと学習の研究−効果と評価の観点から−,研究代表者:柳澤好昭,課題番号:19320078)の支援を受けました.研究分担者(水町伊佐男)の活動として,日本語CALLに関わる教材・素材・資料を掲載しました.今後も追加する予定です.
2. このサイトは,水町伊佐男・広島大学名誉教授が広島大学に在職中に取り組んだ研究や教育活動,及び退職後の活動で得られた成果を掲載しています.株式会社 ジュテームの協力によりサイトを公開・提供し,共同で管理しています.受託研究や科研等,外部からの研究支援を得て学生・教職員と共に開発した日本語CALL教材のほか,指導した学生の研究成果や作品などが含まれています.いくつかのサイトに分散していた教材・素材等をここに集め,日本語の教育や学習にコンピューターを使って支援することを目的とするサイトとして「コンピューターで学ぶ日本語」と名づけ,得られた成果を追加しました.
3. 学習ソフトの「私の年中行事」「僕たちの日常生活」を利用する場合は,先ず「お試し版」「利用登録」のページをご覧下さい. 登録のあと,教材を利用する場合は,「利用規約」「プライバシーポリシー」を了解していただいたものとします.
4. 管理者への連絡は下記のメールアドレス宛てにお願いします.
jcall[AtMark]j-tm.net ([AtMark]の部分は@に直して送信してください)
 
 ■私たちはコンピュータやネットワークを使った日本語の教育・学習を研究します.
1. CALLは,Computer Assisted Langauge Learningの略語で,コンピューター支援による言語学習という意味です.私たちは,日本語の教育・学習の分野に特化するため,日本語CALL(略称jcall)と称しています.
2. 日本語CALL教材を学習者が評価する項目を提供します.
3. 日本語CALL教材を教師が評価する項目を提供します.
4. 主に日本語CALLに関して私たちが集めた文献や教材のリストを提供します.
5. 研究発表した論文を掲載します.(準備中)
 
 
このページの先頭へ